ケンタウルスグラフィックス 

ケンタウルス

works   legend   blog   about   link

2006

line

Nature

19 Feb 2013

Category: Comment (0) | Trackback (0) | Permalink

 

26 Dec 2012

ULURU CAMEL TOURS 01

ULURU CAMEL TOURS 02

ULURU CAMEL TOURS 03

Thank you for ULURU CAMEL TOURS staff ! See you again!

ULURU CAMEL TOURS

Read more "ULURU CAMEL TOURS"

Category: Comment (0) | Trackback (0) | Permalink

 

18 Nov 2012


まず、今回、完全な皆既日食を見ることができたことに今まで直接的にも間接的にもはたまた関係ないけど出会ってくれたすべての方々に感謝いたします。

日食を見て感じたことを忘れない為にもブログに残したいと思います。

皆既の時間はAM6:38から約二分間。

ケアンズ北部の高台から観測。

山の稜線に沿うように雲があり、これまた日食をさらに神秘的なものに見せてくれた。

日の出と同時にすでに太陽の左上が欠けていていた。

8分目あたりで鳥たちが一斉にざわめき出して太陽と真逆の方向へ飛んで行った。あたりは薄暗くなってきている。

9分ぐらいになって日食グラスで見ると太陽の光がボワンボワンと強くなったり弱くなったりでこれまた面白い。徐々に光のリングが月の輪郭を沿うように出来上がってくる。あたりは真っ暗で、星が見え始めた。この時点では肉眼では見ることはできない。人生最大のソワソワ感。

皆既の瞬間は一瞬歓声が起こり、その後は異様な静けさに包まれた。
時間がそのときだけ完全に止まってた。

光のリングが空中に浮いている。気温は一気に下がり、周りは完全に夜。今まで感じたことが無くて説明もできない感情がこみ上げてきた。

普段の生活の中でうまくいかないことや突然のアクシデントなんかあったりするけど、大抵のことは本当に小さいことだなぁ〜なんて思えるようになった。

俺が日食を見たいという欲求の為に、かみさんと息子は 朝は8時くらいからクソ暑く、夜はクソ寒い砂埃だらけの荒野に1週間も笑いながら過ごし、良い場所で観測できるよう前夜から寝袋一つで野宿。
かみさんは日食前日から女の子で本調子では無い状態、息子は普段の生活からかけ離れた栄養状態と布団でない環境にがんばって協力してくれたことに涙が出た。



それと古事記かなんかの「天の岩戸開き」の件は昔の人はよく言ったもんで、オカルトはあんまり好きではないけど、皆既の瞬間は本当に「神の国」が見えた。

皆既から二分を超えるころ、太陽の左上から再び光りを放ち出し、ダイヤモンドリングになると会場は大歓声とものすごい安堵感で包まれた。

しばらくその余韻に浸っちゃったなぁ〜

その後はフロアで踊ろうと思ったけど、息子がもよおしていたので、テントに戻りました。

テントに戻り、かみさんとの会話の中で「日食一回見れば良いと思っていたけど、あれはまた見たいね♪」ってまったく同感だったのがものすごく嬉しかった。

そして次の日食へのミーティングを始めた。

皆既日食とケンタウルス

Category: Comment (1) | Trackback (0) | Permalink

 

26 Oct 2012

個人的には3年ぶりくらいの海外旅行。

ケンタウルスとしては初の海外進出

11/1より四本足でカンガルーと対決してきます!

目的はもう一つ、皆既日食が11/14に観測されると言うことなので、日食ハンターたちの視線を上ではなく下に向けさせたいと思います(w


祝世界進出

Category: Comment (0) | Trackback (0) | Permalink

 

23 Jul 2012


新島WAXの地元の長、MSBN編集「Centaurus Graphics in 新島」
新島の観光SPOT「白ママ断層」にて撮影。
ケンタウルスも自然の一部であることを改めて認識できるムービー

Category: Comment (0) | Trackback (0) | Permalink

 

19 Apr 2012


Niijima

Category: Comment (0) | Trackback (0) | Permalink

 

18 Aug 2011

戸隠

Category: Comment (2) | Trackback (0) | Permalink

 

12 Jul 2011

2011年7月11日 浦安市にて撮影。

裏後光というものらしい。

もしかしたら御利益あるかも。

世界中、日本中、友達、家族、すべての人々が毎日幸せに過ごせますように。




裏後光

Category: Comment (0) | Trackback (0) | Permalink

 

24 Mar 2011

東日本大震災 浦安市の状況01
東日本大震災 浦安市の状況02
東日本大震災 浦安市の状況03
東日本大震災 浦安市の状況04
東日本大震災 浦安市の状況05
東日本大震災 浦安市の状況06
東日本大震災 浦安市の状況07
東日本大震災 浦安市の状況08
東日本大震災 浦安市の状況09
東日本大震災 浦安市の状況10
東日本大震災 浦安市の状況11
東日本大震災 浦安市の状況12
東日本大震災 浦安市の状況13
東日本大震災 浦安市の状況14
東日本大震災 浦安市の状況15
東日本大震災 浦安市の状況16

2011年3/11(金)PM14:46 三陸沖を震源とする観測史上最大のマグニチュード9.0の巨大地震が発生。
東北地方を中心に大地震と10mを超える大津波で大きな被害を受けた。
宮城県では震度7。
写真の千葉県浦安市では震度5強。
福島県の福島第一原子力発電所では大津波の影響で1号機から4号機までが大きく損壊。
放射能も外部に漏れている。
現在も放射能が漏れている近くで復旧活動を行っている方々がいる。

自分は地震直後、千葉県は南房総市へ出張をしていた。
激しい揺れを感じた瞬間、南房総市一帯は停電に。
電話がほとんど繋がらず、家族の安否を確認するため車を借りて浦安に戻ろうとするが、 館山自動車道は全線通行止め、国道も大渋滞。
車に搭載のTVにて東北地方の大津波の状況を知り、ゾッとする。

渋滞中、ようやっと妻と連絡が取れ無事を確認した。
幸いにも妻は風邪を引いて高熱が出ていたので、会社を早退し、浦安の病院へ向かう途中だった。
しかし、浦安市内特に「新浦安地区」は埋め立て地のため地盤沈下と液状化がひどく、乗っていたバスの目の前で道路に亀裂が入り、途中で下車したとの報告。
保育園に預けている息子の安否はこの時点で不明。

その後、大津波警報が千葉県内房にも発令され国道沿いも危険と判断し、 車の持ち主の家に引き返す。
車の持ち主の家は海岸の目の前だが、崖になっているので海面からは7〜8m高台にある。
高台から海を眺めると今まで味わった事のない生命の危機を感じた。

ものすごい勢いで潮が引き、海底が広範囲で露出している。

車の持ち主は南房総市に60年ちかく暮らしている漁師なのだが、 彼は突然「今までこんなに潮が引いたのは見た事がない」と言い出した。
すかさず、隣に住んでいるおばあちゃんが「海〜!!!おい〜!!!海見たか!?これは恐ろしい!今すぐ逃げないと!」慌てた様子で叫んでいる。
それを見た自分はさらに生命の危機を感じ、車の持ち主と奥さんと3人でさらに高台に避難した。

結局、そこに津波という津波は来なかったけど、TVの中継や周辺住民の慌てように自分もかなり焦っていた。
尋常ではない精神状態だった。

その日は停電の中、すべての交通機関が麻痺しているため出張先で一泊。
保育園とも連絡がとれて「園児はすべて無事です」との回答に少しホッとする。
一晩明けて、しばらくすると電気が復旧する。
TVなどで他の地域の状況などが報道されようやっと今回の地震の全貌が見えてくる。
 大津波に見舞われた地域は悲惨な状況。
福島では原発に問題が発生。
千葉県市原では石油コンビナートが火災。

再び車をお借りし、住居がある浦安へ戻る。
館山道は穴川まで通行できた。
約3時間ほどで浦安に到着。
いつもとはまったく違う景色に目を疑った。
道路は液状化で噴出した泥で覆われ、道はその影響でアスファルトがいたるところで凸凹し、
乾いた泥が砂塵となって市内中を霧が覆うような状態、
電柱やコンビニが斜め、
突き出したマンホール、
大型スーパーの入り口が約50cmほど地面から浮いている。

完全に復旧するまでの事を考えると一瞬、気が遠くなった。
が、これを書いている3/24の時点で、ほんの少しずつだけど復興し始めている。
被災地の方々を思うとこの程度は無傷に等しい。

燃料不足、都会での買い占めで必要物資が被災地に届かない、福岡第一原発は未だに予断を許さない状況、放射線の脅威などなどまだまだ問題が山積している。

一生忘れてはならない出来事なので、ブログに残します。
被災地の皆様のご健康と一日も早い復興を心からお祈り申し上げます。

Category: Comment (11) | Trackback (0) | Permalink

 

02 Dec 2010

自分出まくってます(w

Category: Comment (0) | Trackback (0) | Permalink

 

01 Jul 2010

ちょっと前の話になりますが、夏至の夜、ささやかだけど家中の電気をすべて消してキャンドルナイトをしました。


普段忘れてた「穏やかな気持ち」を思い出すことができ、この気持ちが全世界の人々と分ち合えれば世界は平和に近づくのかな〜なんて思いました。


7/7の七夕様にはケンタウルスグラフィックスビルディング(笑)の隣にある川で大規模なキャンドルナイトが行われるそうです。楽しみだ〜

Read more "夏至。キャンドルナイト"

Category: Comment (0) | Trackback (0) | Permalink

 

12 May 2010

旅音

One+をデザインする際、かなり参考にさせていただいたサイト。

以前、サイトオーナーの林ご夫妻に直接お会いできることになりご自宅(古民家風でとてもおしゃれ)にお邪魔させていただくこともありました。

親切にサイト制作のコツなどを教えてもらい、とてもお世話になっています。

今年、ご夫妻にめでたく赤ちゃんが産まれる予定です。

その旅音よりインド旅行の際の写真が壁紙として更新されたので紹介させて頂きます。

旅音 クリシュナのバターボール

(C) Tabioto All Right Reserved.

旅音 ポンディシェリー

(C) Tabioto All Right Reserved.

旅音 小カッチ湿原

(C) Tabioto All Right Reserved.

http://www.tabioto.com/wall/index.html

どの写真もあまりのセンスの良さにため息がでてしまうほど。

ケンタウルスグラフィックスも旅音のクオリティー目指して頑張ります!

Category: Comment (4) | Trackback (0) | Permalink

 

06 Jan 2010

去年ですが、社員一同で富士山の五合目まで行ったとき撮った写真。


ちょうどお日様がてっぺん真上にのぼり何とも神々しい姿を見せてくれました。

あのてっぺんにアレがいたらもっとウケたんですが、、、

富士山頂上に太陽が昇る

Category: Comment (3) | Trackback (0) | Permalink

 

04 Jan 2010

01.gif

約2ヶ月ぶりの降臨です。


新年早々笑いがとれて本人も喜んでました。


http://www.centaurus-graphics.com/legend/

Category: Comment (3) | Trackback (0) | Permalink

 
ケンタウルス
ケンタウルス
FEED

 RSS

twitter
Blog Ranking

お笑いブログ

美術ブログ

デザインブログ

にほんブログ村

ランキングに登録しています。
クリックしていただけると幸いです。